会社案内 事業内容 環境への取り組み 採用情報 くらしき情報 HOME

会社案内
沿革

1968年(昭和43年) 資本金4,500万円(三菱商事100%出資) 菱和鉄鋼センター鰍設立
  1969年(昭和44年)   スケヤシャー10台を設置し操業開始
  1972年(昭和47年)   資本金1億5千万円に増資
  1978年(昭和53年)   大型スリッターライン1号機設置 (現在のスリッター3号機)
  1979年(昭和54年)   大型レベラーライン1号機設置
  1985年(昭和60年)   大型スリッターライン2号機設置 (現在のスリッター1号機)
  1989年(平成元年)   社名を「菱和スチール梶vに改称
  1990年(平成2年)   大型レベラーライン2号機設置
  1994年(平成6年)   大型スリッターライン3号機設置 (現在のスリッター2号機)
  1995年(平成7年)   第一敷地内に新事務所、第二敷地内に厚生棟を建設
  2001年(平成13年)   ISO9001認証取得
  2002年(平成14年)   ISO14001認証取得
  2003年(平成15年)   第二敷地の拡張により、スリッターの移設と 母材、製品ヤードの増設
(構内物流改善)
  2003年(平成15年)   各ラインのアンコイラー改造、ICタグによる母材管理開始
  2004年(平成16年)   2段4列式自動ラックによる巻き戻し材の在庫管理他
  2005年(平成17年)   大野興業のパイプ加工販売事業を継承
  2005年(平成17年)   基幹システムリニューアル(パイプ業務システム構築、新会計システム導入)
  2006年(平成18年)   3号スリッターに自動刃組導入(5月)
  2006年(平成18年)   自動板取・自動工程による最終受注生産システム(MORIS)の構築(9月)
  2006年(平成18年)   メタルワン水島支店の商社機能とコイルセンターの機能を融合し、
社名を「潟<^ルワン菱和」に改称
  2007年(平成19年)   2列7段式自動ラック導入(5月)
  2007年(平成19年)   全自動丸鋸切断機(パイプ)導入(5月)
  2007年(平成19年)   大型(6幅)スリッターライン4号機設置(10月)
  2008年(平成20年)   ミニレベラー設置(2月)
  2009年(平成21年)   1号スリッターに自動刃組導入(8月)
  2009年(平成21年)   資本金4億円に増資
  2011年(平成23年)   基幹システムを再構築し「G-MORIS」本格稼動
サイトマップ お問い合わせ (C) Copyright Metal One RYOWA Corporation. All Rights Reserved.
HOME